インドアでできるゴルフスクールなら日焼けの心配無し

  1. ホーム
  2. 祝い金の負担を軽く

祝い金の負担を軽く

カップルとスーツの人

補償内容は幅広い

ホールインワンは、毎週末ゴルフ場をラウンドしている人でも一生に一度あるかないかと言われているほどその確率は低いです。その偉業とも言える出来事に対してホールインワンした人は周りの人に利運をお裾分けする、というのが日本特有の風習となっています。しかし、周囲の人数が多ければ多いほど出費がかさむため、喜んでばかりはいられないという人は多いです。同伴者及び参加者、キャディ、もしコンペであればその参加車にまでお祝いを振舞わなければいけません。一般的なお祝いの例としては、ゴルフ場への記念植樹や参加者への粗品贈呈、祝賀会開催などが挙げられます。場合によっては祝賀コンペを開催するので、50万円程度かかることも珍しくはありません。そうした風習のために保険会社が用意しているのがホールインワン保険です。ホールインワン保険の対象者はアマチュアゴルファーで、パー35以上の9ホールを回る国内のプレー、かつ1名以上の同伴競技者がいるプレーのみに適用されます。ただし、第三者がホールインワンを証明しなければいけないので、キャディがいないセルフプレーには適用されないのが一般的です。ホールインワン保険は通常ゴルファー保険の補償内容の一部のため、人に怪我をさせた場合や自分が怪我した場合、ゴルフ用品が壊れた場合にも保険金が下ります。なお、そんなに沢山プレーしないという人向けに、1日のみ加入できるゴルファー保険及びホールインワン保険も用意されています。