インドアでできるゴルフスクールなら日焼けの心配無し

  1. ホーム
  2. ゴルフをするにも保険を

ゴルフをするにも保険を

ゴルフ

保険を掛ける必要性

ゴルフをする際には保険を掛けておく必要があります。ゴルファー保険とも呼ばれるもので、内容としてはゴルフのプレー中や練習中に起こりうるアクシデントに備えるものであり、具体的な補償内容としては打球が他人または本人にあたって死傷してしまったり、またスイング中に他人にあたって死傷してしまったり、またコースを移動中に本人が死傷した場合、ゴルフ用品の盗難、ゴルフクラブの破損などです。特に複数の人が同じコースをプレイするゴルフにおいては、思った以上に打球が飛び先行しているグループにボールを打ち込むといった事故が起こる可能性があるため打球によって他人を死傷させるリスクは高いといえ、ゴルファー保険はそれらに備えることができます。またゴルファー保険独特のものとしては、ホールインワンやアルバトロスを達成した場合にその祝賀会やゴルフ場への寄付といった必要な費用を補償してくれます。ゴルファー保険は保険会社や補償内容によって変わってきますが年間6000円程度から掛けることができますし、1日だけや1週間だけといった場合には1000円程度で掛けることができます。もちろん継続的に掛けることで保険の掛け金も下がっていくのでお得になっていきます。コンビニなどの損害保険契約サービスを利用すればプレー前日にも申し込みが可能ですので簡単に加入することができます。いずれにしても安心してプレーするためにもゴルファー保険は掛けておくのが無難です。